コラム・産廃業界最新情報
コラムColumn

2021-08-06

マニフェストに印鑑は必要?

マニフェスト

紙マニフェストの交付担当者の欄には、㊞のマークがありますよね?

7枚綴りの伝票すべてに、印鑑を押すのは結構大変です。

回収の際に、「押してください」と言っても、「面倒くさい…」という排出事業者さんもいたりして…。今回は、印鑑にまつわる疑問やちょっとした悩みを解決いたします!

印鑑って、本当に必要なの?

実は実は…紙マニフェストの交付者担当者氏名欄の押印は、法的に必要では無いのです!
ご存じでしたか??
法律で、必ず記載しなければならないと定められている項目(以下、法定記載事項)には、
「管理表の交付を担当した者の氏名」とのみ記載されています。
そのため、押印を7枚すべてにする必要はなく、氏名のみでの交付が可能となります。

一方で、7枚すべて丁寧に押印したとしても、名字のみの印を押して、フルネームが分からなければ、厳密には違反ということになってしまいます。フルネームの印であればOKです。

これを知っているだけでも、手間が省くことができて、効率化が図れそうな予感はしませんか?
㊞とあると、つい「押印しなければ!」と思われるかもしれませんが、そうではなかったんですね!

『そもそも、なぜ必要ないものがあるの?』と疑問が浮かぶと思います。

多くの排出事業者様が使用している紙マニフェストの用紙は、上記の法定記載事項を元に業界団体(協会、組合、連合会など)や民間企業が製作・販売しています。

その際、法定記載事項のみではなく、「より丁寧に見えるだろう」「こんな項目があった方が便利ではないか?」と独自の項目を付け加えているのだと考えられます。あくまで私の予想です。

他にもあった!マニフェストの押印箇所

では、次の2つについてはどうでしょうか?「運搬の受託者」「処分の受託者」の受領印です。
マニフェストのB2票で押印されるこちらの印はB2票返送時に排出事業者が確認しなくてはならない
項目に入っていて、法定記載事項でした。

B2票の法廷記載事項
 ① 運搬終了年月日
 ② 処分会社名
 ③ 処分担当者名
 ④ 受領印
 (⑤ 有価物拾集量)

ん?でした???

そうなんです、これももう過去のお話なんです。
実は実は実は、令和2年 12 月 28 日に、「押印を求める手続の見直し等のための環境省関係省令の
一部を改正する省令」が公布・施行され、受領印が廃止されたんです!

ですので、今後は受領印も不要です!

しばらくは古い雛形が出回っていますが、古い雛形であっても印鑑の必要はなくなりましたので、
受領印の欄は無視して構いません!
ほんの少しだけ、マニフェスト管理が楽になりますね!

 

 



執筆者

山下 眞子

大阪生まれの持ち前の元気さとユーモアを活かし、お客様のシステム導入のサポートや環境情報の案内を担当している。
人を笑顔にすることが好きで、お客様に寄り添い、温かさを感じてもらえる業界初?!の女性コンサルタントを目指している。

このようなコラムもおすすめです

一覧へ戻る